検索

小技の森

No one learns as much about a subject as one who is forced to teach it.

タグ

Webブラウザ

ブラウザでよく使うサイトは「Ctrl+数字」の一発アクセスが便利

Webブラウザで複数のタブを開いているときに、キーボードでタブを順番に切り替えるには、「Ctrl+Tab」「Ctrl+Shift+Tab」というショートカットキーがありますが、特定のタブを直接選択するなら、「Ctrl+数字(1~9)」というショートカットキーが便利です。

このショートカットキーでは、たとえば「Ctrl+1」は1番目のタブ、「Ctrl+2」は2番目のタブ、…というふうに、数字キーに対応する位置のタブを直接表示できます。(ただし、「Ctrl+9」だけは、9番目のタブではなく、末尾のタブという意味になります。また、「Ctrl+2~8」は、押した数字に該当するタブがない場合は何も起きません)。

このショートカットキーが特に役立つのは、固定表示しているタブがあるときです。固定表示とは、よく使うタブを常に開いておける機能のことです。通常表示のタブを右クリックして、Chromeでは「タブを固定」、Firefoxでは「タブをピン留め」、Edgeでは「ピン留めする」を選ぶと設定できます。こうして固定表示したタブは、ブラウザを起動するたびに、左端に近い特定の位置に開きますので、いつも同じ「Ctrl+数字」を使って表示できます。

仕事中はWebブラウザを常に開きっぱなしという人も多いと思います。その中でも、特に頻繁に使うサイトは、タブの固定表示と「Ctrl+数字」を組み合わせれば、スピーディーにアクセスできます。

chrome_pinned_tabs

上の画像は、Chromeで4つのタブを固定表示したときの例です。この場合、Ctrl+1~4で固定表示の各タブを、Ctrl+5以降で通常表示のタブを、それぞれ選択できます。(ちなみに、固定表示したタブの並びはドラッグ&ドロップで変えられます)。

広告

Webページのリンクを新しいタブで開く

パソコンのWebブラウザで、ページ上のリンクをクリックしたときに、リンク先のページが同じタブで開くか、それとも新しいタブで開くかは、Webページを作った側の指定に応じて決まります。でも、その指定を無視して、明示的に新しいタブで開きたいときもあると思います。

その場合、リンクを右クリックして、ポップアップメニューから新しいタブで開く、という方法もありますが、ひと手間減らすなら、マウスの中ボタンでクリックする方が簡単です。

中ボタンでクリックする、というのは、マウスのホイール部分を押し下げる操作のことです。(ホイールを回す操作とは異なります)。これをリンクの上で行うと、リンク先を新しいタブで開くことができます。

また、マウスによっては、ホイールを押しにくいことがあるかもしれません。その場合は、リンクを「Ctrl+マウス左ボタン」でクリックしてください(キーボードのCtrlキーを押しながらマウスの左ボタンをクリック)。こちらも、リンク先を新しいタブで開くことができます。

この2つの方法は、「Chrome」「Internet Explorer」「Edge」「Firefox」のどのブラウザでも使えます。

ちなみに、マウスの中ボタンは、ブラウザのタブを閉じるときにも使えます。タブの上で中ボタンをクリックすると、そのページが閉じる、というものです。[×]ボタンまでマウスを移動するより、ちょっぴり速く済むかもしれません。

※マウスの設定ツールやドライバで、中ボタンに特別な機能を割り当てている場合や、Webブラウザの拡張機能などでカスタマイズを加えている場合には、今回紹介した方法が使えないかもしれません。

WordPress.com Blog.

稼働中 ↑