IFERROR

仕事でエクセルをかなりの頻度で使用するのですが、私が頻繁に使う関数のひとつに「IFERROR」があります。

#DIV/0!とか、#VALUE!とか、セルにエラーが残ると視認性が悪くなる。そんなときに役立ちます。

例えば、

=IFERROR(C2/C5,””)

としておけば、「C2/C5」の演算でエラーが発生したら、セルにエラーメッセージではなく、ブランクが入ります。

広告