Windows 10では仮想デスクトップ機能が標準で装備されています。仮想デスクトップ機能とは、1つのディスプレイで複数のデスクトップ画面を切り替えて表示できる機能のことです。これを使用すれば、マルチディスプレイに似た環境を実現できます。

たとえば、

仮想デスクトップ1にWord

仮想デスクトップ2にブラウザ

仮想デスクトップ3に辞書

仮想デスクトップ4に参考資料

を配置して、必要なときにデスクトップ画面を切り替えて表示できるようになります。

この機能は、特にノートブックなど、画面のサイズや数が限られた環境での作業に有効です。複数のアプリケーション(たとえば、辞書)を1画面上で切り替えて使用するよりも、仮想デスクトップを切り替えてまとめて表示する方が作業効率がよくなる場合があります。

仮想デスクトップの操作には、次のショートカットキーが便利です。

仮想デスクトップの新規作成:Windws + Ctrl + D

仮想デスクトップを閉じる:Windows + Ctrl + F4

仮想デスクトップを切り替える:Windows + Ctrl + ← または →

Windows 10を使用されている方はぜひお試しください。

では、また。

広告