検索

小技の森

No one learns as much about a subject as one who is forced to teach it.

タグ

テンプレートフォルダ

標準テンプレートフォルダの開き方

しんハムさんが「【Word】MS-Wordが不調になったら試してみる4つのこと」という記事を公開されました。

この記事の中で以下のような記述があります。

「C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Word」にTMPファイルがあれば、削除します。

このフォルダを開く方法として、以前公開した「Winキー + Rで「ファイル名を指定して実行」」の記事が役立ちます。

  1. WinキーとRキーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を立ち上げる。
  2. 「名前」に「%APPDATA%¥Microsoft¥Word」と入力して Enterキーを押す。

これで上記のフォルダーが開きます。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Templates」にある標準テンプレート(normal.dotm)の名前を変更します(例:normal_dotm.old)。

同様に、標準テンプレート(normal.dotm)のあるフォルダーを開くには、上記手順の2で、以下の手順を行います。

  • 「名前」に「%APPDATA%¥Microsoft¥Templates」と入力して Enterキーを押す。

お役立てください。

※ なお、この操作は環境変数APPDATAを参照しています。お持ちのPCの環境によっては、上記のような動作をしない場合がありますので、御了承ください。

Winキー + Rで「ファイル名を指定して実行」

「ファイル名を指定して実行」は、あまりお使いになったことがないでしょう?

私は、ショートカットキー操作で簡単に入力窓が開き、特定のフォルダーを開いたり、コマンドプロンプトを出すなどの作業をキーボード操作のみで行えるので多用しています。

Winキー + R

この操作で「ファイル名を指定して実行」の画面が現れるので、「名前」に開きたいフォルダーのパスや、プログラム名を入力して「OK」を押すだけ。

例えば、以下のような使い方です。

  • 「cmd.exe」を入力すれば、コマンドプロンプトが立ち上がります。
  • 「%APPDATA%¥Microsoft¥Templates」と入力すれば、Microsoft Office のテンプレートフォルダが開きます。
  • 「msconfig」と入力すれば、システム構成の設定画面が開きます。

この使い方の便利なところは、「名前」に入力したものは履歴として残るので、次回からはそれらを(カーソルキーで)選択するだけで実行できる点です。

まるでプログラムランチャーのような使い方ができます。お役立てください。

WordPress.com Blog.

稼働中 ↑