検索

小技の森

No one learns as much about a subject as one who is forced to teach it.

カテゴリー

Windows

タスクマネージャーの起動

みなさんは、タスクマネージャーを起動するとき、どうしていますか。

私はWindowsXPからの1つ覚えで、CTRL+ALT+DEL キーからしかやったことがなかったのですが、最近、PC起動時に必ずタスクマネージャーを起動して特定のサービスを停止することが必要になったため、このことが煩わしくて困っていました。

なぜ煩わしいかと言うと、私の場合は2台のPCを常時動作させ、2台の間はInputDirectorでマウスとキーボードを共有しているため、2個のキーボードのうちサブPC用のキーボードは奥の方に隠してその上が物置になっており、普通ならサブPC用のキーボードへのアクセスは不要なところ、CTRL+ALT+DEL キーを押すときだけ、その上を片付けてから操作する、という始末なのです。

とまあ、つまらない理由なのですが、そうだ、タスクマネージャーをスタートアップメニューに入れられないのだろうか、と思い立ち、調べてみたところ、Windows7ではタスクマネージャーを起動するには3つの方法があることがわかりました。

1.「Ctrl」+「Alt」+「Delete」キーからの起動
2.キーボードショートカットでタスクマネージャーを起動(Ctrl+Shift+Esc)
3.タスクバーからタスクマネージャーを起動

http://win7.jp/hk7v1044.htm

この3番目の方法なら、キーボードに触らずにタスクマネージャーを起動できます。タスクバーで右クリックして、「タスクマネージャーの起動」を選ぶだけ。

教訓:分かってしまえば何でもないのですが、前回の私の投稿と同様で、「これしかない」と思い込んでしまっていないか、よく考えてみることが必要ですね。

すみません、つまらない投稿でしたね、失礼しました。次回はもう少しまともなのを出したいです。m(_ _)m

ちなみに、なぜタスクマネージャーを頻繁に起動する必要があるのかと言えば、知らないうちに変なプロセスが走っていて、場合によってはCPU負荷の25%とか50%を常に食われてしまっている、なんてことが実際に起きるのです。たとえばWindows Updateというやつ、これが曲者で、私のサブマシンではwuauservというサービスがPCの起動後しばらくしてから動き始め、ずっと50%のCPU負荷を食っていました。そこで、PC起動後には毎回、wuauservを手動で停止させていたのでした。

ところが不思議なことに最近はそれが不要になり、ファンがうるさく回ってしまうこともなくなりました。なぜでしょう? たぶん、いつのまにかWindows Updateで解決したのだろうと思います。

 

 

広告

正規表現の第一歩:縦棒区切りで複数語句を一括検索

テキストエディタや翻訳支援ソフトなど、テキストを扱うソフトでは、文書内を検索するときのダイアログボックスで「正規表現」という検索オプションを選べるものが数多くあります。この正規表現というオプションは一体何だろう、と思ったことはありませんか。

170114_regex_dialog

正規表現というのは、検索語句を指定する特別な記述方法のことです。特有の意味を持つ記号を使って、単純な語句検索よりも手の込んだ条件を指定することができます。いったん身に付けてしまえば、とても便利で強力な機能です。

しかし、まったく初めての段階では、かなりハードルが高くて取っつきにくい機能でもあります。しかも、その段階でヘルプ等を読んでも、使い方がよくわかりません。たとえば、テキストエディタ「EmEditor」のヘルプで、「正規表現を使用するには」という項目を見ると、次のように書いてあります。

「正規表現は、開いている文書または複数のファイルからテキスト パターンを見つけるのに使用できます。正規表現は、通常の文字、つまりリテラル (たとえば、a から z までの文字)、メタ文字と呼ばれる特殊文字から成り立つテキスト パターンです。このパターンはテキスト検索時、1 つまたはそれ以上の文字列と一致します。」

いきなりこんな説明をされても、何が何だかサッパリわからん、という感じです。最初の段階では、こういう小難しい話は抜きにして、知識ゼロでも試せる簡単なところから少しずつ慣れていくのがよいのではないでしょうか。

というわけで、正規表現について何も知らないけれど検索で使ってみたい、という方は、取りあえず次の1つだけ覚えて試してみてください。それは、「テキスト内を検索するときに、正規表現モードをオンにして、複数の語句を | (半角の縦棒)で区切って指定すると、そのすべてを1回でまとめて検索できる」という機能です。

たとえば、英文のテキストの中で、“happy” “happily” “happiness” が出てくる箇所を見ていきたいと思ったときには、3つを別々に検索しなくても、正規表現をオンにして、検索文字列に「happy|happily|happiness」と指定すれば、1回でまとめて検索できます。

170114_emeditor_regex_happy

あるいは、日本語のテキストの中で “笑う” という単語が出てくる箇所を、活用形も含めて検索したいと思ったときには、正規表現をオンにして、検索文字列に「笑わ|笑い|笑う|笑え|笑お|笑っ」と指定すれば、“笑う” の五段活用すべてを1回で検索できます。

縦棒で組み合わせる語句は、必ずしも派生語や活用形どうしでなくても、何でもかまいません。たとえば、英文の中で “network” “platform” “communication” に注目したいと思ったら、「network|platform|communication」と指定すればよいわけです。

つまり、正規表現を使って検索語句を指定する際には、半角縦棒は「または」の意味を表す、ということになります。正規表現が持つ膨大な機能の中で ほんのさわりに過ぎませんが、これを知っているだけでも、便利な場面はあると思いますので、よろしければお試しください。

このように、特有の意味を持つ記号を使って、単純な語句検索よりも手の込んだ条件を指定できるのが、正規表現の特長です。工夫次第で、さまざまな形で活用できます。

※本当は、1つ目の例は「happ(y|ily|iness)」、2つ目の例は「笑[わい-おっ]」と指定するほうが、オーソドックスな正規表現になります。縦棒と同じように、( ) や [ – ] も、正規表現で特有の意味を持つ記号です。でも、そのあたりを深追いしていくと、すぐに小難しい話になってしまいますので、ひとまずは縦棒のみを使った検索を試してから、細かいことは おいおい身に付けていけばよいかと思います。

【Windows】Cntl+ホイールで拡大・縮小表示

表示しているファイルやブラウザの拡大・縮小表示に便利なのが、キーボードのContrlキーと、マウスのホイール(マウス真ん中の回転する部分)です。

Cntlキーを押しながらホイールを上に回すと、拡大表示します。
反対に、Cntlキーを押しながらホイールを回すと、縮小表示します。

使用しているソフトウェアによっては、拡大・縮小表示の場所が違うのでイライラしてしまいがち。この動作を知っているだけで、多くのソフトウェアの拡大・縮小表示が可能になって便利です。

ブラウザでよく使うサイトは「Ctrl+数字」の一発アクセスが便利

Webブラウザで複数のタブを開いているときに、キーボードでタブを順番に切り替えるには、「Ctrl+Tab」「Ctrl+Shift+Tab」というショートカットキーがありますが、特定のタブを直接選択するなら、「Ctrl+数字(1~9)」というショートカットキーが便利です。

このショートカットキーでは、たとえば「Ctrl+1」は1番目のタブ、「Ctrl+2」は2番目のタブ、…というふうに、数字キーに対応する位置のタブを直接表示できます。(ただし、「Ctrl+9」だけは、9番目のタブではなく、末尾のタブという意味になります。また、「Ctrl+2~8」は、押した数字に該当するタブがない場合は何も起きません)。

このショートカットキーが特に役立つのは、固定表示しているタブがあるときです。固定表示とは、よく使うタブを常に開いておける機能のことです。通常表示のタブを右クリックして、Chromeでは「タブを固定」、Firefoxでは「タブをピン留め」、Edgeでは「ピン留めする」を選ぶと設定できます。こうして固定表示したタブは、ブラウザを起動するたびに、左端に近い特定の位置に開きますので、いつも同じ「Ctrl+数字」を使って表示できます。

仕事中はWebブラウザを常に開きっぱなしという人も多いと思います。その中でも、特に頻繁に使うサイトは、タブの固定表示と「Ctrl+数字」を組み合わせれば、スピーディーにアクセスできます。

chrome_pinned_tabs

上の画像は、Chromeで4つのタブを固定表示したときの例です。この場合、Ctrl+1~4で固定表示の各タブを、Ctrl+5以降で通常表示のタブを、それぞれ選択できます。(ちなみに、固定表示したタブの並びはドラッグ&ドロップで変えられます)。

【Windows】マウスカーソル位置の確認方法

Twitterに情報を流しましたが、ブログ記事にしておきます。

[マウスのプロパティ] → [ポインターオプション]の[Ctrlキーを押すとポインタの位置を表示する]をONにしておけば、マウスカーソルの位置を見失ったときにCtrlキーを押すと、波紋みたいなものが現れて位置を教えてくれます。

https://twitter.com/TIPS4Translate/status/753690695882334208

入力方式の切り替え

Windows標準の入力方式といえばMicrosoft IMEですが、ATOKやGoogle日本語入力を使っている人も多いでしょう。複数の入力方式をインストールし、用途によって使い分けることもできます。

Windows 10では入力方式の切り替えが簡単にできます。ここでは、ATOKからGoogle日本語入力に切り替える方法を紹介します。

普段ATOKを使っている場合、タスクバーの日時の左側にATOKのアイコンが表示されています。このアイコンをクリックするとこんなウィンドウが表示されます。

Atok

このウィンドウで「Google日本語入力」をクリックすると、

Google

タスクバーのアイコンが青いアイコンに変わり、これでGoogle日本語入力が使用できるようになりました。ATOKに戻る場合は、青いアイコンをクリックして「ATOK」を選択するだけです。

標準テンプレートフォルダの開き方

しんハムさんが「【Word】MS-Wordが不調になったら試してみる4つのこと」という記事を公開されました。

この記事の中で以下のような記述があります。

「C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Word」にTMPファイルがあれば、削除します。

このフォルダを開く方法として、以前公開した「Winキー + Rで「ファイル名を指定して実行」」の記事が役立ちます。

  1. WinキーとRキーを同時に押して「ファイル名を指定して実行」を立ち上げる。
  2. 「名前」に「%APPDATA%¥Microsoft¥Word」と入力して Enterキーを押す。

これで上記のフォルダーが開きます。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Templates」にある標準テンプレート(normal.dotm)の名前を変更します(例:normal_dotm.old)。

同様に、標準テンプレート(normal.dotm)のあるフォルダーを開くには、上記手順の2で、以下の手順を行います。

  • 「名前」に「%APPDATA%¥Microsoft¥Templates」と入力して Enterキーを押す。

お役立てください。

※ なお、この操作は環境変数APPDATAを参照しています。お持ちのPCの環境によっては、上記のような動作をしない場合がありますので、御了承ください。

マウスホイールを使って画面表示倍率を変更

ディスプレイの表示倍率を適宜変更したい場合、各ソフトによって設定倍率を調整する方法は異なりますが、マウスホイールとControlキーを使うことにより、拡大・縮小を簡単に行える場合が多くあります。

方法はとても簡単。

Controlキーを押しながらマウスホイールを回転させる。

前方へ押し出すように回すと拡大、手前に引くように回すと縮小。

これだけです。

マウスホイールの画像検索結果

この方法が有効かどうかは、ソフトによって異なります。私のパソコン(Windows 7  32 bit)でチェックした結果は、以下の通り。

【有効だったソフト】

Chrome, Internet Exproler

MS-Office 2013(WORD, EXCEL, PowerPoint)

Kwic Finder(ヒットした文字情報を示すウインドウ内)

Acrobat Reader, Acrobat Pro

Just Right、 筆まめ (レイアウト表示部)

Explorerのアイコン表示

【有効でなかったソフト】

PASORAMA、  PDIC、   メモ帳

Explorerのリスト表示

The翻訳プロフェッショナル

Evernote、  Kindle for PC

やよいの青色申告、  Picasa

Winキー + Rで「ファイル名を指定して実行」

「ファイル名を指定して実行」は、あまりお使いになったことがないでしょう?

私は、ショートカットキー操作で簡単に入力窓が開き、特定のフォルダーを開いたり、コマンドプロンプトを出すなどの作業をキーボード操作のみで行えるので多用しています。

Winキー + R

この操作で「ファイル名を指定して実行」の画面が現れるので、「名前」に開きたいフォルダーのパスや、プログラム名を入力して「OK」を押すだけ。

例えば、以下のような使い方です。

  • 「cmd.exe」を入力すれば、コマンドプロンプトが立ち上がります。
  • 「%APPDATA%¥Microsoft¥Templates」と入力すれば、Microsoft Office のテンプレートフォルダが開きます。
  • 「msconfig」と入力すれば、システム構成の設定画面が開きます。

この使い方の便利なところは、「名前」に入力したものは履歴として残るので、次回からはそれらを(カーソルキーで)選択するだけで実行できる点です。

まるでプログラムランチャーのような使い方ができます。お役立てください。

WordPress.com で無料サイトやブログを作成.

稼働中 ↑