検索

小技の森

No one learns as much about a subject as one who is forced to teach it.

作成者

Etsuko Matsuura

遊ぶ金欲しさにほんやくやってます。♯1はポメヨン、♯2はヨーキー。旦那は県外、ムスメは海外、私は自宅警備員。

Excelでテキストの加工など。

世の中には親切な方がいらして、専門用語の辞書をネットで公開してくださったりしています。たとえば、

英和医学用語集 (かなり古いですが新しいのにアクセスできない(;´・ω・)

とか

英語-日本語電気専門用語辞書

とか

これをそのまま検索してもいいのですが、Excelに読み込んで、ちょいと小細工すると、使用範囲が広がるのです。たとえば、私の場合はTradosで使える辞書に変換してます。

まず、1つ目の英和医学用語集です。

ex-1

こちらは次のように、英語と日本語が半角スラッシュで区切られています。
<英語>/<日本語>

この場合はまず全文をコピーして、Excelに貼り付けます([貼り付け先のオプション]で[貼り付け先の書式に合わせる]を使うと楽です)

ex1

次に、A列全体を選択し、[データ]タブの[区切り位置]を選択します。区切り位置指定ウィザードが表示されたら、[次へ]をクリックし、2番目の画面で[区切り位置]の[その他]チェックボックスをオンにして、その右側のテキストボックスに「/」を入力します。

ex2

[完了]を選択すると、スラッシュの位置で英語と日本語に分かれます(A1の幅を広げてあります)

ex3

さて、2つめ、英語-日本語電気専門用語辞書はちょっと複雑です。 “Excelでテキストの加工など。” の続きを読む

広告

TradosのコメントをExcelにエクスポートする

訳文に対するコメントをExcelのスプレッドシートにまとめて、成果物とともに納品するように依頼されることがよくあります。その場合、せっかくTradosに専用のコメント機能があるのに、Tradosに訳文を入力してから、Excelに移動して、作業対象ファイル名やセグメント番号を記入し、Tradosから原文と訳文をコピペして、Excelでコメントを書くという冗長な作業をしなければなりません。場合によっては、前の方のセグメントに戻って、追加でコメントを記入したり、一度コメントを付けたセグメントの訳文を直したりと、何度もTradosとExcelの間を往復する必要も出てきます。

そんな時には、Comment View Pluginを使って、Tradosに入力したコメントを納品直前に一括してExcelに出力すると便利です。

【手順】
1. 上のリンクから使用しているTradosのバージョンにあったComment View Pluginをダウンロードして、インストールします。

2. Tradosを起動し、コメントの入力されているファイルを開きます。エディタビューにファイルが表示されます。
EditorView.jpg

3. ファイルビューに移動し、上部ペインでファイルを、下部ペインで[Comment View Plugin]タブを選択します。上で選択したファイルに入っているコメントが下のペインに一覧表示されます。
FileView

4. 下のペインにある[Export Comments]ボタンをクリックし、エクスポートする項目を選択して、[Export]します。
ExportDlg

指定した項目がワークシートに書き出されます。このシートをExcelで開くとこんな感じ。
ExportFile
Target列には訳文が表示されますが、コメントをつけた部分が青の太字で表示されます。以前は対象箇所を選択してフォント色やらスタイルやらを変えていたことを考えると涙ものです(T-T) 。

※セル内の[文字の配置]の[縦位置]が[下詰め]になっています。必要に応じて、修正してください。

5. このExcelシートを煮るなり、焼くなり、好きなように加工して、成果物とともに納品します。

ぜひ、お試しください♪

24時間を超える合計を「時:分」形式で表示する

ある1件の仕事の総作業時間が24時間を超えることは珍しくありません。しかし、それをExcelで管理しようとすると、既定の設定のままでは正しく表示されません。

次の例で説明します。
160711-0.jpg
既定の設定のまま、左の表の右下セルに合計を求める数式を入力して、総作業時間を求めると、全部で39時間50分のはずなのに、15時間50分と表示されます。これは、既定の書式設定では、24時間を超える部分が含まれないからです。この例で、右下のセルを右ボタンクリックし、[セルの書式設定]を見たところ、次のようにプロパティが設定されていました。
160711-1

正しく「39:50」と表示されるようにするには、[種類]に[h]:mmと指定します。
160711-2

お試しください(*^▽^*)

WordPress.com Blog.

稼働中 ↑