表示しているファイルやブラウザの拡大・縮小表示に便利なのが、キーボードのContrlキーと、マウスのホイール(マウス真ん中の回転する部分)です。

Cntlキーを押しながらホイールを上に回すと、拡大表示します。
反対に、Cntlキーを押しながらホイールを回すと、縮小表示します。

使用しているソフトウェアによっては、拡大・縮小表示の場所が違うのでイライラしてしまいがち。この動作を知っているだけで、多くのソフトウェアの拡大・縮小表示が可能になって便利です。

広告