Gmailのサービスを使用している人は多いと思いますが、私はGmailをメールの保存先として使っています。

プロバイダ宛てに届くメールをGmailに保存するには、プロバイダのメール転送サービスを利用して、メールの転送先にGmailのアドレスを指定します。

受信メールだけでなく、自分が送信するメールもGmailに保存したい場合は、メールがGmailアドレス宛てにも送信されるようにメールソフトを設定します。

私が使用しているThunderbirdというメールソフトの場合、[ツール]→[アカウント設定]→[送信控えと特別なフォルダ]の順にクリックし、「次のメールアドレスをBccに追加」にチェックを入れて、自分のGmailのアドレスを指定します。これで、メールを送信するたびにGmailにも保存されます。

%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc

こうしてGmailにメールを保存しておけば、過去に取引先とやりとりしたメールを検索しやすいですし、Androidのスマホで外出先からメールを確認することもでき、とても便利です。

広告