キーボード上からは普通には打てないし、普段は使わないけれど、時々絶対に使わなければいけない文字がありませんか?

例えば数学記号の≦(半角では≤)。打つときはどうしていますか?

Wordの場合だと「挿入」→「記号と特殊文字」から該当する文字を探して打てますし、よく使う文字を貼り付けたファイルを作ってそこからコピーするやり方もあると思います。

でももう一つのやり方として、使いたい文字の文字コードを調べておくとキーボードから打てるようになるので、やり方をご紹介します。

まず、該当文字の文字コードを調べます。「記号と特殊文字」で調べる場合、下の方の真ん中、「文字コード」のところの4桁の英数字を控えます。その右側の「コード体系」が「Unicode(16進)」であることも確認してください。数学記号「≦」の文字コードは「2266」です。

%e8%a8%98%e5%8f%b7%e3%81%a8%e7%89%b9%e6%ae%8a%e6%96%87%e5%ad%97

あとは簡単です。半角で2266と打ち、そのすぐあとで「Altキー」と「xキー」を同時に押してみてください。「≦」に変わります。ちなみに半角の「≤」は2264と打つと出てきます。これで、「2266」や「2264」を覚えておけばこの次からキーボードからこれらの文字を入力できます。

反対方向に使うこともできます。ある文書に≦と打ってあるとして、そのすぐあとにカーソルを合わせるか、文字を選択して「Altキー」と「xキー」を同時に押すと、「2266」に変わり、この記号の文字コードは2266だとわかります。文字コードを調べるには、その文字を選択して「記号と特殊文字」を開いて調べる方法もありますが、「Altキー」と「xキー」の同時押しの方が簡単ですし、キーボードだけを使って行うことができます。

広告