訳文に対するコメントをExcelのスプレッドシートにまとめて、成果物とともに納品するように依頼されることがよくあります。その場合、せっかくTradosに専用のコメント機能があるのに、Tradosに訳文を入力してから、Excelに移動して、作業対象ファイル名やセグメント番号を記入し、Tradosから原文と訳文をコピペして、Excelでコメントを書くという冗長な作業をしなければなりません。場合によっては、前の方のセグメントに戻って、追加でコメントを記入したり、一度コメントを付けたセグメントの訳文を直したりと、何度もTradosとExcelの間を往復する必要も出てきます。

そんな時には、Comment View Pluginを使って、Tradosに入力したコメントを納品直前に一括してExcelに出力すると便利です。

【手順】
1. 上のリンクから使用しているTradosのバージョンにあったComment View Pluginをダウンロードして、インストールします。

2. Tradosを起動し、コメントの入力されているファイルを開きます。エディタビューにファイルが表示されます。
EditorView.jpg

3. ファイルビューに移動し、上部ペインでファイルを、下部ペインで[Comment View Plugin]タブを選択します。上で選択したファイルに入っているコメントが下のペインに一覧表示されます。
FileView

4. 下のペインにある[Export Comments]ボタンをクリックし、エクスポートする項目を選択して、[Export]します。
ExportDlg

指定した項目がワークシートに書き出されます。このシートをExcelで開くとこんな感じ。
ExportFile
Target列には訳文が表示されますが、コメントをつけた部分が青の太字で表示されます。以前は対象箇所を選択してフォント色やらスタイルやらを変えていたことを考えると涙ものです(T-T) 。

※セル内の[文字の配置]の[縦位置]が[下詰め]になっています。必要に応じて、修正してください。

5. このExcelシートを煮るなり、焼くなり、好きなように加工して、成果物とともに納品します。

ぜひ、お試しください♪

広告