これもファンクションキーの技です。昨年、本作りで版元編集者に教わりました。

スペルチェックするときはF7。これだけ。

※キーボードの最上列に、F1から始まるキーが横に並んでいます。これがファンクションキー。ここではF7のキーを使います。

メニューからスペルチェック機能に行くには [校閲]-[文章校正]-[スペルチェック](2007/2013の場合)とたどっていかねばなりません。この操作は知っていたけれど、実はあまり使っていなかった。使い勝手が悪いと、ついつい遠ざかってしまうのです。

F7を覚えてからは、どんなときでもスペルチェックをするようになりました。その前まで、いかにExcelのスペルチェックをかけていなかったかがばればれですね、はい……。

広告