IT関連文書の翻訳をする際に翻訳会社から支給されるスタイルガイドで、些細なことですが毎回気を遣うのが、「半角文字と全角文字の間に半角スペースを入れるか否か」です。

半角文字と全角文字間の半角スペース、わたしはまずは作業中に手作業で入力しています。半角スペースを入れたいときに、キーボードの「半角/全角」を押して半角モードに切り替えて半角スペースを入れ、間に英数字を挟んで、最後に半角スペースを入れてから、また「半角/全角」を押して全角モードに戻します(地味な手作業ですね…これにも何か便利な小技があるといいのかも。。)。

そして、作業しながら、目を凝らして、全角文字と半角文字の間に半角スペースが入っているかをチェックします。結局は、「ひとつひとつの作業を丁寧に仕上げていくのが一番。手作業ほど美しいものはない!」と言いたいところですが、人間にはミスがつきもの。最後に機械的にチェックします。

その機械的なチェック方法ですが、わたしの場合は、さくらエディタを開いて翻訳文をコピー&ペーストして、Ctrl + Fを押すと出てくる次の [検索] メニューで条件に次の正規表現を入力して、半角文字と全角文字間の半角スペースの有無をチェックしています。

term

********************************************************************
◆半角文字と全角文字間に半角スペースを入れる場合
– 全角文字と半角文字で隣り合っているものがあるか確認する
-条件:[a-zA-Z0-9\)][\p{Hiragana}\p{Katakana}\p{Han}ー-々]|[\p{Hiragana}\p{Katakana}\p{Han}ー-々][a-zA-Z0-9\(]

◆半角文字と全角文字に半角スペースを入れない場合
– 全角文字と半角文字の間にスペースが入っている箇所を確認する
– 条件:[a-zA-Z0-9]\s[\p{Hiragana}\p{Katakana}\p{Han}ー-々]|[\p{Hiragana}\p{Katakana}\p{Han}ー-々]\s[a-zA-Z0-9]
********************************************************************

条件が少し複雑なように見えますが、やっていることは、上の「◆半角文字と全角文字間に半角スペースを入れる場合」のときは、「[半角文字集合]と[全角文字集合]がこの順で隣り合っている、または[全角文字集合]と[半角文字集合]がこの順で隣り合っている」ものを検索して、半角スペースを入れ忘れている箇所がないかを確認しています。

こう書いてみると複雑なことをしているような気がしてきましたが、上の正規表現を翻訳チェック事項のファイルの中に入れておいて、翻訳が一通り終わったら、訳文をさくらエディタにコピペして、条件式で検索をかけるだけです。

さくらエディタの場合は、次の検索結果にいきたい場合、F3を押すと次にいけます。

ただ、このブログの読者でさくらエディタの方は少ないかもしれないですね。。やはり、秀丸エディタの方が多いのでしょうか。

その場合は、正規表現の検索エンジンが違うため、例えば「◆半角文字と全角文字間に半角スペースを入れる場合」に、半角スペースがない箇所を探す検索条件は次のようになります(秀丸エディタをダウンロードして動作を確かめたのできっとみなさんの環境でも想定通りに動くと思います)。

条件式:[a-zA-Z0-9\)][ァ-ヶぁ-ん一-龠ー-々]|[ァ-ヶぁ-ん一-龠ー-々][a-zA-Z0-9\(]

「◆半角文字と全角文字に半角スペースを入れない場合」については、上の半角文字および全角文字の文字集合を表す[]の間に、空白文字を表す「\s」を入れればよいことになります。OR条件を表すパイプ「|」の左側の条件と右側の条件のどちらにも同じように「\s」を入れます。

 

余談ですが、実は、今まで自分の環境でも上の秀丸用条件式に似たものを使っていました。ただ、その条件式は、ウェブで検索して見つけた条件式が想定する動作していたので、意味を完全に理解せずに使用していたものでした。今回、記事にするなら、きちんと理解してからにしようと考えまして、さくらエディタの正規表現の検索エンジンである鬼雲のReadmeファイルらしきページを確認してみると、鬼雲にはひらがな、カタカナ、漢字を表すプロパティ名があることを知り、条件式を記事用に検証して書き換えたのです。

一言で「正規表現」といっても、正規表現の検索エンジンによって、使える表現が細部で異なってくるので、面白い&注意が必要です。

広告